りの スロット

りの スロット

それ以来、セツナが小さなドラゴンを連れ歩いていたという話もよく知られているはずだ

名前が浸透していないのは、ラグナを長たらしい名で呼ぶことが少ないからに違いなかった

 ラグナがなぜ第二位なのか、というと、第一位のセツナに直接の関係があった

 ラグナがいなければ、セツナは生還し得なかった可能性が極めて高いからだ

 そして、セツナが生還しなければ、ガンディア軍はマクスウェル=アルキエルによって壊滅していた公算が高い

 それらの事実を踏まえると、ラグナの成し遂げたことがいかに意義のあることかがわかるだろう

 ラグナは、みずからの命を犠牲にして、セツナをベノアから脱出させたことで間接的にではあるが、レオンガンドたちのガンディア奪還に多大な貢献を果たしている

そのことが評価され、第二位に選ばれたのだ

 戦って敵を倒すことだけが評価に繋がるわけではない

「ラグナシア=エルム・ドラース殿はただいま不在ですが、戻ってこられたおりには此度の褒賞を受け取っていただきましょう」 とゼフィルはいった

あなたも好きかも:bloodプラス スロット 設置店
「不在だって」「そのとおりだろ」「うん

あなたも好きかも:パチンコ 正社員 評判
そうだね」「必ず帰ってくるさ」 セツナは、ミリュウのどこか嬉しそうな表情を見つめながら、告げた

「帰ってこないなら迎えに行くだけのことよね」「ああ」 ファリアの言葉にうなずき、第三位の発表を待った

 第三位には、ミリュウの名が挙げられた

「嘘!?」 ミリュウ自身、まったく想定していなかったらしく、彼女はめずらしく素直に驚いていた

 ミリュウ・ゼノン=リヴァイアが第三位に選ばれた主な理由は、ヘイル砦の戦いにおいてほかのだれも真似のできない武功を立てたことだ

ヘイル砦に壊滅的損害をもたらし、救援軍本隊の勝利を呼び込むと、本陣のレオンガンドに肉薄した十三騎士を撃退するという活躍まで見せている

ほぼひとりでヘイル砦の戦いを勝利に導いたといっても過言ではない、という評価にも、ミリュウは、レオンガンドの前で硬直したままだった

 ミリュウの活躍はそれだけではない