プッシュボタン パチンコ

プッシュボタン パチンコ

 魔力を多く持っていると予想はしていても、エルフやヴァンパイアを超えるとは思っていなかったのだ

「なるほど

それは凄いですね」 ルカが普通のヒューマンかどうかは置いておくとしても、それだけの魔力を持っていると知られると、色々と面倒なことが起きかねない

 そのことに気付いて心配したように首を振ったトワだったが、それを見たシュレインがため息をついた

「他人事のように言っておるが、考助の子供たちは皆、似たり寄ったりだぞ?」 シュレインがそう言うと、トワもミアも言葉を失った

あなたも好きかも:パチンコ 社員 底辺
 まさか自分が魔法が得意とされる種族を超える魔力を持っているとは思っていなかったのだ

 学園で魔法を習ったとはいっても、正確に自分が持つ魔力を計ったことがあるわけではない

 それに、子供たちがそれだけ大きな魔力を持っていると気づけなかったもう一つの理由がある

「なんだ

あなたも好きかも:パチンコ 北斗 の 拳 7 リーチ
言っておらんかったのか?」 シュレインがそう言ってシルヴィアに視線を向けると、シルヴィアは首を縦に振った

「あると分かっていても特に意味がない物ですから」「なるほどの」 その会話を聞いてトワとミアは意味が分からずに首を傾げたが、分かっていなかったのはその二人だけだった

 他の者たちは、納得したような顔になっている

あなたも好きかも:無料パチンコ パチスロ
「どういう事でしょうか?」 分かっていないのが自分たちふたりだけだと気づいて、トワがそうシルヴィアに聞いた

「簡単なことですよ

貴方たちの持つ魔力は、子供が持つには多すぎるので、普段はリミッターがかかっていたのです

一種の封印のようなものですわ」 さらりと語られた事実に、トワとミアが絶句している

「体がその魔力に耐えられるくらいに成長すればその封印も解けると思うのですが、それがいつになるのかは・・・・・・どうなんでしょう?」 シルヴィアは、最後に考助へと視線を向けて聞いた