パチンコ パラッツォ 三郷

パチンコ パラッツォ 三郷

「僕は、いつの間にか幸せだった………」 ネアの厨房でそう呟くと、振り返ったネアが微笑んでくれた

「あら、そう言われると嬉しくなってしまいます」「………それって、僕のことが好きだからだよね」「勿論ですよ

きっと皆さんも、その言葉を聞いたら嬉しくなってしまうでしょうね」ヒルドやエーダリア達も自分をそんな風に慈しんでくれるのだと当然のように言われれば、また胸の奥がおかしくなってクッションに顔を埋めた

このクッションも、シルが出してくれたのだ

あなたも好きかも:オンラインゲーム ポート
(ごめんね、シル

本当は気付いてるんだけど……)こちらを気にかけてくれながら、彼が彼なりの不安を感じていることに気付いていた

それは、ネアが頭を撫でてくれる時だったり、手を繋いでくれる時

はっとしたように瞳が揺れて、そんなネアの指先や微笑みを追いかける

あなたも好きかも:エピフォン カジノ ブリッジ
それは自分のものなのにという悲しみと、それを差し出すというのはどういうことなのだろうと、不安そうに思案する気配

それでも彼は、火竜の姿にどうしていいか分からないくらい心が波立ってしまったとき、そのことに気付いたネアが呼び戻せば、すぐにそちらと僕の視線との間に立ってくれた

あなたも好きかも:パチスロ リング 呪いの7日間
火竜の姿が見えないように立ってくれた彼に、少しだけ呆然としてしまうくらい

ネアが手ずからクッキーを口の中に放り込んでくれたときも、食事の時に膝の上に乗せてくれた時も

いつもなら自分が独り占め出来るものをどんどん横取りされて、その度に疲弊してゆく万象の魔物は、少しだけ困ったように淡く微笑む

ネアが、自室の寝台に他の誰かを寝かすのは初めてなのだそうだ

そこはつまり、シルですら毎日は上げて貰えない、特別な場所だった筈なのに

(それでも排除しないし、甘やかしてくれるんだ)彼が少しずつ削られていることに気付きながら、それでも彼にまで寄りかかりたくなるのは、ネアとは違う意味で、ヒルドやエーダリア達とは違う意味で、やはり万象の魔物が僕達の王であるからだった