パチンコ ボーダー おすすめ

パチンコ ボーダー おすすめ

「放っといたらエエて

なんもなかってンから」「アホか

軽く一発ド突いといた方が黙りよるやろ」「やめぇっちゅーねん」 拳を見せる大介に、一平は再びため息を吐き、まだ眉をつり上げている華音と交互に見た

「血の気が多いンは構へんけど、喧嘩っ早いのはあかんぞ、おまえら

もうちょい、冷静になれ」「優樹いじめたらいじめ返す!!」と、華音が睨み付けると、「たわけたことぬかしよる奴は、いっぺん、地獄を見せたった方がえーんじゃボケ」と、大介も続いた

 一平は「……ホンマ、こいつら……」と目を据わらせてため息を吐く

「あんたたち、何やってるのー?」 遅れてやって来た生美は、肩に掛けてある鞄の位置を直しながら首を傾げ、側で足を止めた

「せーみちゃん! 今、喧嘩吹っ掛けられた!!」 今度は生美に報告する華音に、「……おまえはぁ」と、一平はガックリと肩を落とす

あなたも好きかも:パチンコ お助け部
 生美は顔をしかめて優樹を見た

あなたも好きかも:アイマス スロット 設定判別
「喧嘩?」「……じゃ、ないよ

……ちょっと……」 優樹は言葉を濁したが、顔を上げて苦笑気味に首を振った

あなたも好きかも:カイジ ルーレット
「……部活をやめろって、言われちゃっただけ」「……とうとう動き出して来たか」 生美はため息を吐くと、みんなを窺った

「で? 手は出さなかったでしょうね?」「こいつら止めてくれ

しばく言うてきかへん」 と、一平がうんざり気味な表情で大介と華音を指差すと、生美は苦笑した

「その体力は温存しておくべきね

こんなところで消費しても、もったいないだけよ」 そう二人に言って、華音に目を向けた

「あんたもおとなしくしてたの?」「してたよー」 拗ねるように口をとがらす華音に、生美は少し笑った