初代 スロット 景品

初代 スロット 景品

『正直、アプリコットにとっては、今は大層分は悪かろうな

私は男だから、女特有の陰湿な"イジメ"に対して鈍い所がある

だから"気づき、受け入れる"まで私なりの方法で、あの子の心を守ろうと思う

ある人物と取引をしてな』ピーンがアプリコットを"守る"という言葉には、素直に飲み込めない物が多いように感じる

『ある人物とは誰ですか?』興味を持ったという反応を素直に出すダガーに、ピーンはニヤリと笑った

笑った顔を見て、ダガーは老人は自分に教える気がないのが解る

あなたも好きかも:パチンコ 世界で一番強くなりたい ラムクリ
しかし、そこに意地悪さや、あざとさというニュアンスが全く感じられなかった

『こればかりはまだ、教える事が出来きません

ただその人は"セリサンセウム王国"の味方

あなたも好きかも:叛逆の物語 スロット モード
私と協力する事で、ある人の心を救いたいらしい

今のところ、手紙のやり取りしかしていないが、それでも"キザな人物"だとしか、私は言えない』勿体ぶった言い方をされるが、悪意がないのは伝わってくる

だから、気をもたせるようなピーンの言い方も、ダガーはそこまで気にならなかった

(もしかしたら、私に秘密なのではなく、王都にいる父上にすら内緒にしておきたい事かもしれないな)ダガーが黙っていると、ピーンが鉄格子から手を離し、側に来た