トップガン パチンコ

トップガン パチンコ

確かに手元に研究資料があるならそれが簡単に知識を得る事へ繋がるか」 話を終わらせ、レイ、エマ、フォンセに構えるマギア

そんなマギアを見、エマは小首を傾げて尋ねたがマギアはあっさりと言葉を返す

 何の為に生き物の選別を手伝うのか疑問だったエマだが、その疑問は解決した

「さて、そろそろ本当に始めようよ

あなたも好きかも:スロット ゲーム数カウンター
安心してね

エマも含めて、貴女達は全員お気に入り♪ お気に入りは研究しないよ♪ まあ、レイちゃんの持つ剣は気になるけどね?」「「……」」「ふふ、私もお気に入りか

ただの腐れ縁だろうに」「ふふ……私にとってはエマ、貴女が一番のお気に入りだよ? 昔からお互いを知っているのはエマくらいだもんね……」 告げ、構え、向き直る

あなたも好きかも:ルーレット 決める サイト
そんなマギアの瞳からは、心無しか一瞬、光が消えた気がした

 三人と一人はもう既に何度か織り交えているが、戦闘を行うにはまだ支障が無かった

あなたも好きかも:バカラ おすすめ
 辺りは一瞬静まり返り、荒れながら流れる海の音のみが耳へと入ってくる

「"四大元素(フォース・エレメント)"!!」「"四大元素(フォース・エレメント)"!!」 刹那、マギアが四大エレメントを纏めた球体を放ち、それを迎え撃つ為にフォンセも四大エレメントの球体を放った

 それによって辺りへ衝撃が走り、海の水を吹き飛ばして上空の雲を消し飛ばす

「やれやれ、雲を消すのは止めて欲しいものだな……」 次いで消え去った雲を集め、再び曇天の空模様へと変えるエマ

 今幻獣の国の上空にある雲は全て、弱点を消す為にヴァンパイアであるエマが呼び寄せた物

 何度か消し飛んでいるが、即座に戻しているのだ