Tower Tumble

Tower Tumble

「何やろうな、『加護』ってのは」「魔神の力なのでしょうか」「わからん

レギュームが各国の上層部に注意するだけで留めとる情報やから市井に生きる連中には伝わっとらんけど」「そもそも確証が無いですしね」「捕獲した信徒は?」「自死しました」「偽の尻尾掴まされるよりタチ悪いわ」 ベストライが舌打ちする

あなたも好きかも:バラ の 儀式 パチスロ
「牛翁といい魔神教団といい」「弱点があれば良いのですがね」「はは、そういや」「何です?」 隣に立つ防衛大臣が小首を傾げた

あなたも好きかも:野沢那智 ブラックジャック
「牛翁に女がいたらしいで」「あの無敵の超人にですか」「聞いたことあるやろ、『黒妖』っての」「あれですか

各地を巡っては男を狂わせたとかいう都市伝説の」「狐狸が化けた絶世の美女とかいうらしいで」「それが何ですか」「あの牛翁も手駒に成り下がったとか」「ほう」「案外あの牛翁も女に弱いんとちゃう?」「そんな安易ですかね?」 二人は冗談話に笑った

 談笑する二人の下へ兵士が一人駆け寄る

あなたも好きかも:セミ スロット 設置店
 慌てた様子にベストライが振り向いた

「どないした?」「ご報告が」「言うてみ」「帝国側に動きあり

出軍を開始したと」「もう来よったか」 ベストライが獰猛に笑う

 距離などを考えれば、およそ半月後

 補給など戦線寸前で彼らが最終準備を行なうとしてもそれ以上に延びることはない

 ベストライは両の拳を胸前にぶつける

「さて、いっちょやったるか!」

「うわ!すごい美味しいですねこれ!味噌汁も出汁がきいててうまいし煮物もうまい・・・!文、お前毎日こんないいもの食べてるのか」「あら嬉しいこと言ってくれるわね

お代わりいかが?」「いただきます!」「・・・あんたもうちょっと遠慮したらどうなの?」「安心しろ、三杯目からはそっと出す」「そう言う事じゃなくて・・・」他人の家だというのにこの堂々とした立ち振る舞い