リング終焉の刻 パチンコ セグ

リング終焉の刻 パチンコ セグ

 当然第八十一層にも、しばらくの間は、頻繁に顔を見せるつもりでいる

 考助としては、最初からそのつもりでいたのだが、ナナからも顔を出してもらうように頼まれた

 何故かと詳しく聞くと、眷属になっている狼達は、きちんと眷属としての自覚があるようで、やはり考助から直接撫でられたりすると喜ぶ、とのことだった

 その程度のことなら考助も協力できるので、喜んで撫でさせてもらうことにした

あなたも好きかも:パチンコ ホール 売上 高 ランキング
 と言うわけで、現在の考助は、寛いでいる狼達を片っ端から撫でて回っているわけだ

 現状は、撫でて回るというよりも、狼達の方から寄ってきている状態だった

 今日は本格的に狼達に絡むことを決めていた考助だが、その辺の空気をきちんと読んでいるのか、狼達にも遠慮が見えなかった

あなたも好きかも:習志野市 パチンコ 開店
 まあ、考助としてもウエルカムといった状態なのだが

あなたも好きかも:パチスロ 勝てないように出来てる
 流石に五十頭もいるので、一頭一頭に時間をかけるわけにはいかなかったが、最終的にはきちんと全ての狼達に触れた考助であった

 ちなみに考助にはその自覚は無かったのだが、裏できちんとナナが動いて全ての狼達が触れられるようにしていた

 十分に満足した考助は、結局そのことに気付くことなく管理層へと引き返すのであった

塔LVが上がったことで、新たな設置物が追加されていた

 その中で考助の興味を引いたのが、次の四つの設置物である

 <地の妖精石> <水の妖精石> <火の妖精石> <風の妖精石> 詳細は次のように表示された

 名称:火の妖精石 設置コスト:50万pt(神力) 説明:火の妖精が宿る石

塔に設置できるのは、一度につき一つのみ

    条件を満たせば、火の妖精を召喚できる