パチンコ 京王

パチンコ 京王

と、氏が睨み付けるのは、もう何も残されていない、空っぽの広い空間だった

きっと棚がいっぱいあって、商品もいっぱい並んでたんだろうと考えると……ちょっとだけ寂しいかな

じゃなくて

「秘密基地みたいでワクワクしますな! しかし、もう子供の頃の無邪気さを発揮出来る歳でないという残酷な現実

あの頃ならコラーで済んだものの、今やると不法侵入……つまりはおまわりさん案件

あなたも好きかも:スロット カグラ やめどき
ということで、外から見えるこの階はなるたけサクッと通り抜けたいところですが」「それだけ分かってるならなんだって立ち止まったのさ……こんな、何も無いでしょ

あなたも好きかも:西川口 スロット 設定
見た通りに」 そう、何も無いんですなぁ

なんて……くそぅ……友達だけど……友達だけどうぜぇ……っ

何も無いならなんで止まった、なんで見せた、なんで考えさせた、なんで何かある風だったんだ

「……何も無い……というのが気がかりでしてな

いえ、考え過ぎなら結構

もっとこう、待ち受けるのであれば備えがあってもおかしくないかと

これだけ広い空間があるのなら、せめてあの怪物の一頭でも飼えば良いのに」「っ! それは……外から見えるから、騒ぎになるのを嫌った……とか?」 もうそこらで騒ぎが起きているのに……? そこを気にするのはもう少し前……今気にすべきは騒ぎを片付けようとしてる僕達だ

じゃあ、ここに魔獣を配備してないのは……「或いは、手懐けられていないのかもしれませんな

故に、自身も出入りするこの地点に怪物を置くのは下策、と

獰猛な番犬を玄関では無く自室に置くものはおりませぬ故」「とすると……もしかして、この先にはもう魔獣はいない……? なら、サクッと解決出来そうだね」 それめっちゃ朗報では? 気がかりなんていうから身構えたけど、めちゃめちゃ都合の良い話じゃないか