北仙台 ぱちんこ

北仙台 ぱちんこ

ほんの数メートル先にいるはずの魔竜にすら照準が合わない

いいや、そうじゃない

何故、僕は今魔弾を……?「アギト! バカ! 降ろしなさい! それが通用するような相手じゃ…………っ!」 ズンッと、地面が揺れた

あなたも好きかも:バカラ ペアグラス 2017
ググッと持ち上がった巨大な頭に、それが前肢をついて起き上がったことを悟る

ああ、僕のせいだ

僕が余計な敵対心を、危険を、刺激を与えたから

あなたも好きかも:立花孝志 パチンコ 打ち子
こんな事も予期出来ないほどぬくぬくと安全地帯で応援してたつもりはなかったけど、現実はこの程度だったって事なのかな——「——っ! ミラ……っ

あなたも好きかも:パチスロ 偽 物語 導入
やめろ…………ミラは……コイツだけは…………っ」「アギト……っ! バカ! なんでアンタが私の前に出るのよ!」 魔竜はゆっくりともたげた首をこちらへと近づけてくる

頭に浮かんだのは魔竜に叩き伏せられたオックスとミラの姿だった

そこからもまた、僕の体は僕の意思とは関係なく動いていた

ミラの前にずいと躍り出て、力一杯肩を掴まれてもそこを動かずに魔竜を睨み続ける

マーリンさんもマグルさんも、もちろんミラも

僕のそんな行動を信じられないものを見る目で見ていた

「…………っ! ひっ……」 ばふうっと生暖かい突風が僕の顔を襲う