ゼノクロ スロット

ゼノクロ スロット

 鼓動の一つで大地が覆る

 血の巡りですべてが色づく

 人の手には負えない破格の自然、それを一手に担(にな)う子がいた

あなたも好きかも:新横浜 スロットカー
 中秋(ちゅうしゅう)の冷たい風が吹く

 落葉の敷かれた山道は雪より深く、軽い

 大陸南の山脈は穏やかである

あなたも好きかも:パチンコ 偽物語 曲
 盗賊などの目撃情報は無い

 都を離れ、山に移り住む者による村の数が多い風土(ふうど)も、それに由来していた

あなたも好きかも:オンラインゲーム ban
 安全で、美観(びかん)

 頭上を彩る紅葉たちが奏でた葉擦れ音は、山の声となり、風に乗って駆け抜けていく

疎らに紅や黄色に染まった樹冠(じゅかん)が山々に秋ならではの階調(グラデーション)を与える

 鬱屈とした曇天の下でも

 見る景色が褪(あ)せない季節だった

 その中を

 銀髪の青年が山々を眺めつつ歩む

 片手にしてぱくついているのは、山の麓(ふもと)に拓かれた村の郷土名物である蒸(む)し饅頭(まんじゅう)である

小麦粉や、村周辺で採れる山菜の擦り物を練り込んだ薄緑の皮で、肉や煮汁を包んで蒸す

 夏には遠慮したい物だが、冬の気配が遠くに見えつつある今は、心身の空腹を満たす目的としては嬉しい物だった

 青年は二つ目を平らげる