パチスロ ドラグナー 天井

パチスロ ドラグナー 天井

 本当は、小屋を建てるとかも駄目なんだけどね……

そんなこと言ってられないから……今はもう黙認されている」 現在、街道沿いには等間隔に警備が配置され、通る貴族らは下町区域をただ黙って、早足に通り過ぎるだけだ

あなたも好きかも:周辺 パチンコ屋さん
 去年の春先にも大火災があったとマルから聞いた覚えがあるが……その名残は見当たらない

 物々しい状況だが、これが無いと馬車に流民が群がってくると聞く

 商品とは思えないようなものを売りつけられたり、馬車に取り憑いて外装を剥がされたり、金品を渡すまで付け回されたり……と、本当か嘘か、判断しにくい噂をよく耳にするのだけど……この雰囲気を見ていると、あながち嘘ではないのかもしれない……

 だから、傭兵団なんてものが、護衛に必要になるのだよな……

あなたも好きかも:テーブルゲーム ヨット
 窓の帳が揺れた時、チラリと見える警備の向こう側……そこからはこの季節とは思えない薄着の人々が、黙って通る馬車を、ただ見据えていた……

 外壁に到着すると、更に物々しい警備が敷かれていた

 家紋により、通される門が違う様子で、馬車の間を走り回る兵士が見える

 とりあえず男爵家だし、多分後回し

門前で暫く待たなきゃならないんだろうなぁ……と、そんな風に思っていたのだけど

セイバーン男爵家のお方……レイシール・ハツェン・セイバーン殿であられますか」 思いの外早く声を掛けられて、びっくりした

あなたも好きかも:パチンコ 悪い釘
 窓から覗くと門番と思われる兵の姿と、高価な鎧に身を包んだ正規の騎士がこちらに向かってくるのが見える

……来客の選り分けに騎士まで駆り出されてるんだ……捌く人数も多いから大変なんだろうな

 御者台のハインが、騎士に対し返事を返し、招待状や人数の確認を行っている

その間にまた兵士が走り、どこかに向かった様子

「……引き篭もりの……中ほどに位置するご子息……と、先程言っていたな」 不意な父上の言葉に、俺は「ええ」と、簡単に返事をしたのだけど……

「それならこのような扱いではなさそうなものだが……」 訝しげに眉を寄せ、父上がそう言うものだから……あ、これは通常の対応ではないのだと、初めて理解した

 なんだろう……姫様が、何かしてるのかな?「あー……学友待遇ですかね……」 しどろもどろ、そう誤魔化してみたのだが……