まどマギ スロット 1枚役

まどマギ スロット 1枚役

あなたも好きかも:カジノ 違法
私も当時はまだまだ未熟でしたから、実に楽しかったですよ

お互いの命を奪い合おうと躍起になって……」 すると表情まで恍惚に歪む笑みを見せる

「あの……生と死が一瞬一瞬の判断で決まる鬩(せめ)ぎ合いのあの葛藤(かっとう)、殺し合いの中でしか味わえないあの戦慄、何より殺した瞬間でさえ、一瞬しか味わえない……あの渇きを潤す一瞬のひと時……ああ、堪らないっ!」 まだまだ楽しみなことはあるんですけどねという、常識人には理解不能なことを口走る

 この男は所謂(いわゆる)、スリルジャンキーなのだろう

少なくともアルビオの理解の範疇(はんちゅう)にないものだと悟った

「ですがね、この趣味には大きく欠点があったのです」 すん、と急に声のトーンが戻る

あなたも好きかも:パチンコ 富士見市
 欠点と言われても、最初から常識人の理解にない趣味の時点でわかってあげられない

あなたも好きかも:スロット ペルセポネ
「それは強くなってしまうことです……」 しょんぼりとした沈んだ声で、何か変なことを言い出した

 思わず拍子抜けし、ツッコんだ

「えっと……それは良いことなのでは?」「本来ならそうなのかも知れませんが、私は強くなりたいのではなく、戦いにおける殺し合いを楽しみたいだけなのです」 言っていることに頭が痛くなる

 人間、経験を積めば嫌でも成長する生き物だ

ましてや殺し合いなどという、通常味わうことのない刺激を浴び続ければ、戦いにおける筋力、技術、駆け引きなどが研ぎ澄まされていくのは、言うまでもない

 だが、この男はあくまで殺し合いがしたいだけだと言う

「なら、その相手に合わせれば……」「それの何が楽しいのです? 全力でやってこそ楽しいのでは?」 正論なのだが、この男が言うといまいち納得してはいけない気がした

「まあ、その先に私の求める楽しみがあれば別ですが、大抵はただ雑魚なだけなので……」「えっと、つまり今は……」「そう、生き甲斐が取られ、絶望の淵に立たされていたのです」 この話を聞いている一同は、それならさっさと居なくなってくれと、切実に願う

「ですがそんな時、彼と出逢いました