ブラックジャック 一生かかっても

ブラックジャック 一生かかっても

「アルテアさん、向こうにどなたか居ます」「………気付いているが、正直それどころじゃない」「あら、何か献上されていますね」「……手作りの、……何だこれ」「ポーチです

アップリケがついているので、とても可愛いですよ」「欲しいならやるぞ」「取り敢えず受け取って下さいね

あなたも好きかも:ミラクル パチスロ
ボラボラを刺激しないで下さい」「そこまで馬鹿じゃないが、刺激したくない理由がなくても刺激したくないのは何でなんだ」「ボラボラミステリーですね」続いて、ボラボラの長老のような個体が進み出て来た

数居るボラボラの中でも見事な銀色の毛並みで、キノコ姿でも神々しい

そちらの対応はアルテアに任せて、ネアはうっかり目が合ってしまった通りの向こう側の男性に会釈した

(………あれ、あの人って)最初は少し離れていたのでわからなかったが、こちらに気付いて近付いてくると、ゼノーシュと訪れたスイーツ会で出会った魔物であることがわかった

成る程、魔物なのでボラボラ達はいない者としてスルーしているようだ

(となると、あまりお近付きにならない方が良かった!)確か謎の魔物は公爵の疑いありで、尚且つ人間嫌いだった筈だ

現在ボラボラに囲まれてしまっているアルテアに、これ以上の負荷を与えたくはない

「アルテアさん、あちらの方が近付いてきます

あなたも好きかも:パチンコ 打法 詐欺
魔物さんのようですが………」「いや、あれは擬態した魔術師だな」「………む

あなたも好きかも:おだのぶなの野望 パチンコ 評価
人間なのですか?」「ああ

気配的にな」「良かった

一安心です!」噂は噂だったようで、胸を撫で下ろしていると、ボラボラの取り巻きの向こうから困惑したような声がかかった

「君達もボラボラ狩りかい?」特に人間嫌いの気配はなかったが、ネアはアルテアの袖を引いて対応を任せてみた

「悪いが、今取り込んでる」「すみません