パチンコ 新台 北斗

パチンコ 新台 北斗

「で、菊那様

あなたも好きかも:オンライン カジノ 安全
お身体は大丈夫なんですかい?」 一緒にこの部屋にやってきた扇の言葉に菊那が弱々しく笑う

 菊那は扇が坊主の頃から知っていて、こうして気後れすることなく会話のできる相手であるからこそそばにも置いていたのだが、その扇に対してであっても今回ばかりは菊那も「微妙じゃな」と弱音を吐いた

あなたも好きかも:エウレカ2 パチスロ
「相当に疲れたわ

もっとも妾自身が……というよりも妾の本体が消耗しきっておると言った方が良かろうがな

あちらのダメージが、同調によって妾にまで届いて負荷がかかっておるのじゃよ」 その言葉には、扇と巫女たちが驚きの顔をする

 菊那の本体は数千年の歴史を持つ神、今は真名からくる干渉を避けるために菊那と名乗っているが、本来であれば誰もが知る国造りの神の名を冠する存在だ

「……何があったんです?」 心配そうな顔をする扇に対し、菊那はさてどう言ったものかと眉をひそめた

 本体の負荷の原因は明らかだ

この世界を含めた八つの世界すべてを支える大神がその場に降臨し、そのあまりにも巨大な存在に当てられたことで吹き飛ばされそうになったのだ

別に何をされたわけでもないが、大神と菊那の存在の規模は象と蟻よりも大きな開きがあり、菊那にとって大神とは文字通りの超越存在であった

あなたも好きかも:スロット rta
「大神様がな