木曽 崇 カジノ

木曽 崇 カジノ

 先刻まで彼に反発していた理由さえもが、すぐ前なのに思い出すことすらできない

「俺を、配下の末席(まっせき)に」「いいのかい?」「是非とも」「ああ、貴殿の忠義をありがたく受け取ろう」 甲冑が立ち上がる

 視線をそばの二人に投げかけた

あなたも好きかも:マティス カジノ・ロワイヤル
 彼らに解放され、けれど熊の亜人はそのままひざまずいて頭を垂れる

 それを認めてから、山羊の甲冑は玉座の間を後にした

「彼は何処へ」『祈りの時間だ』 熊の亜人が二人へと尋ねる

 いつの間にか隣に移動していたセヌが返答した

「祈り?」『ああ、己の向き合う彼だけの時間だ』 セヌが仮面の奥で密かに失笑する

あなたも好きかも:猪木 スロット 言葉
 己と向き合う時間

 そんな高尚(こうしょう)なものではない

――彼が、彼女へ戻ることのできる時間というだけの話だ

あなたも好きかも:化物語 パチンコ 当たり方
 帝都の地下深くは牢獄(ろうごく)となっている

 地下水路に併設された檻たちは、新王が即位してから賑やかになっていた

中には、主に王に逆らう反逆者たちが虜囚(りょしゅう)となっている