スロット イベント 日にち

スロット イベント 日にち

あなたも好きかも:まどかマギカ スロット エピソード 恩恵
ほんの少し薄まる可能性はあるが、その人物の想いや縁を構成する要素を崩壊させるほどではない

そもそもそれ自体を抽出するというよりは情報の抽出に近い

そして抽出した情報を彼は自分の手で物質化し使用する

つまり厳密にはそれそのものは絵具の色の元となる色、なのだろう

その色にルキウスが持つ絵具を染め、その想いや縁の色を作り武器という絵を作るのに使用する

まあそのあたりの説明は何でもいいだろう

あなたも好きかも:ザ・ワン・アームド・バンディット
要は関係者に何か障害を残したり問題を与えたりするものではない、というのが重要な内容だ

「安全ならいいんだ」「まー、よくわからん力だから心配だ、不安だっつーのはわからんでもないな

俺自身よくわからん力だよ」「……そういった能力はこの世界では珍しいのですけど、ありえなくはないものなのです」「へえ?」「一般的に誰でも使えるものとは別ですけど、要はルキウスの資質がそういう方面にあるということなのです

さらに言えばルキウスは神儀一刀を学んでいることもあって、神とか世界の枠組みを突破できるだけの資質を持ってしまっているのも大きいのですね

だから普通のレベルじゃできないようなこともできるのかもしれないのです」 神儀一刀を学べばそういった異端なことができる、というわけでもない

あなたも好きかも:オンライン麻雀 天和
このあたり神儀一刀を学べるという時点でそういう資質があるということでもある

その資質を持ったうえで、もともと特異な能力を持っていること、そしてルキウスるの場合は鍛冶師へと道を進め、そこでそういった様々な要素を用いて鍛冶技術を高めた

さらに言えば彼の場合時間をかけて鍛えているのもある

「ふーん? まあ俺としてはどうでもいい話だな

使えりゃいいんだ使えりゃ」「知識を求める者としてはそういう発言はどうかと思うが……まあ、別の人の考え方にまでは口出ししなくていいか」 何故を求める人間と使えるというのならそれでいいと判断する人間

公也はその情報や知識を重要に思っているため前者だが、ルキウスは鍛冶という一点に心血を注ぐ

使えればいい、鍛冶のために役に立つのであればそれでいい、彼の中ではそういう判断となっている