二階 パチンコ屋

二階 パチンコ屋

 レーヴェンフェルド将軍は、ナポレオン戦争最終期(普王国では「解放戦争」と呼ばれます)の勝利後、在トルガウの第27連隊第2大隊長となって軍キャリアの頂点を極めたヴィルヘルム・フリードリヒ・フォン・レーヴェンフェルド大佐の長男として生まれ、18歳で近衛予備フュージリア連隊の少尉として軍歴をスタートさせます

あなたも好きかも:パチンコ 島根 コロナ
長らく同連隊第1大隊長の副官を務めた後、中尉として近衛予備歩兵第4連隊第1大隊へ異動し40歳で大隊主席副官となりました

この年(1848年)に発生した三月革命では、ベルリンのシュパンダウ地区における暴動鎮圧に活躍し、大尉昇進・中隊長になります

42歳で少佐となると同連隊第2大隊長へ就任、翌年に念願の(予備が付かない)近衛第1歩兵連隊へ異動し同連隊フュージリア大隊長を務めた後、短期間ですがフリードリヒ・ヴィルヘルム4世国王の副官として行幸等に同行し49歳で中佐昇進、擲弾兵第2連隊長となりました

翌年近衛予備歩兵連隊長に異動し51歳で大佐となると、その後は第10旅団長、近衛第4旅団長、近衛第1旅団長と華々しいキャリアを積み重ねてその間に少将昇進、1866年の普墺戦争では第9師団長としてあのフォン・シュタインメッツ将軍率いる「普軍最強」第5軍団に参加、緒戦の「ナーホトの戦い」で秀将ラミンク将軍率いるオーストリア第6軍団の突撃に次ぐ突撃を3時間以上も防ぎ切って勝利に貢献し、この功績によりプール・ル・メリット章を受勲します

余談ですがこの時の部下旅団長が初代ストラスブルク総督となったフォン・オレッヒ将軍でした

あなたも好きかも:地獄少女 スロット 仕置の刻
その後の普墺戦争での活躍は拙作の「普墺戦争」編をご覧ください

普墺戦後、レーヴェンフェルド将軍は近衛第2師団長となり直後中将に昇進します

しかし前述通り健康上の理由から第一線の指揮官を降板し後方勤務となり、普仏戦争開戦で第四防衛管区(ポーゼン、シュレジェン)総督に推されたのでした

あなたも好きかも:パチンコ ハルヒ 実機
 繰り返しますがレーヴェンフェルド将軍は病気さえ無ければ間違いなく師団か軍団を任されていたはずで、メッスの占領により「座りが良いだけでなく経験豊富な指揮官」が必要となったベルサイユ大本営は、独の勝利は間違いなく本国警備も捕虜の扱い程度となったこともあり、これならば病弱な将軍でも、とフォン・レーヴェンフェルド中将に白羽の矢を立てるのでした

 メッス総督府は、メッスの包囲以来野戦軍が担当していたメッス、ティオンヴィル両要塞にザールブリュッケン~メッス鉄道とその沿線を警備し、同時に未だ監視のみに留まっている仏・白・ル三国国境のロンウィー要塞の重点監視を行うことを主任務とされます

 メッスに到着し就任の挨拶を終えたレーヴェンフェルド将軍は、最後まで居残っていた第7軍団の後衛から任務を引き継ぎ、今後は独仏対決の象徴ともなる「新国境の要衝」最初の守りに就きました(「オータンの攻防と第7軍団の南下」を参照下さい)

ティオンヴィル・11月25日の市場 独後備兵と市民たち※12月1日時点・メッス総督府配属部隊○第72「チューリンゲン第4」連隊;(前・ザール=ルイ要塞守備隊