奄美大島 パチンコ屋

奄美大島 パチンコ屋

「あらーザルガスさんは戦乱の近い二段目ですか

誠実ですねぇ」とアルデハイトが感心した様子で言いながら書斎の本棚を漁る

あなたも好きかも:カジノ 称号 ドラクエ11
「……三段目……モーラ……任せたのか……正解……だ……」マイカが書斎の椅子に着席して、一息吐きながらまだ抱きしめられている俺の顔を見る

「そろそろ離してくれないかな……」「あっああああ、すいません!!こんな嬉しいことはなくって!!」モーラはトレードマークの頭巾を脱ぎ捨ててうれし涙でクシャクシャになった顔で笑う

あなたも好きかも:マギカまどか スロット
すぐに皆に頭を下げてから、モーラは人を呼びに書斎の外へと走っていった

「偉ぶりませんね

今や貴族の身分で、大領主代理なのに見事なものです」「……広い見識……真の謙虚さ……生む……」アルデハイトが人間を褒めるとは珍しいなと思いながら、俺も書斎の本棚を眺める

やはり背表紙の文字が読めない

英語でも日本語でも無い、見たことも無いような文字だ

これじゃ不味いよな

そろそろ勉強するべきときかもしれないな

言葉は通じるんだから、何とかなるだろう

試しに一冊本を手にとって、中を開いて眺めているとモーラが大量のメイドを率いて戻ってきた

あなたも好きかも:エヴァンゲリオンパチンコ 新作
「皆さん、このお三方を屋敷で一番良い部屋にお連れして!! くれぐれも粗相の無いようにお願いします!!」「はいっ」と声を合わせた老若入り混じったメイドたちが、俺達をそれぞれの部屋へと案内する

分かれる間際で近寄ってきたアルデハイトが「あとでザルガス殿とコンタクトをとっておきます

 気になさらずに、ゆっくりと休まれてください」俺の耳元に囁いて、ウインクした