パチンコ 釘 ぶっこみ

パチンコ 釘 ぶっこみ

 彼女ほど、情の深い人間はいないのではないか、と、セツナは常々想っていた

あなたも好きかも:スロット ドラゴンホイール やめどき
 それは、セツナへの愛情だけに限った話ではない

 セツナと出逢った当初、彼女は、奈落の底のように深い憎悪を抱き、戦場に立っていた

 自分を魔龍窟という地獄へ落とした実の父への憎しみ、そんな地獄の存在を知りながら知らぬ顔で平穏を貪るザルワーン政府、国民への怒り、世界そのものへの呪い――心の奥底で複雑に絡み合う様々な感情は、魔龍窟という地獄の中で際限なく成長を続け、ミリュウ=リバイエンという女を一体の魔龍へと生まれ変わらせたのだ

だからこそ、彼女は、極めて優秀な武装召喚師となっていたのだし、セツナを後一歩のところまで追い詰めることに成功したのだろう

あなたも好きかも:パチンコ 清掃 バイト 口コミ
 すべては、坩堝のような憎悪であり、それこそが彼女のすべてだった

あなたも好きかも:パチンコ ルパンジエンド 甘
 だが、そんな彼女に転機が訪れた

 召喚武装・幻竜卿の能力によって複製して見せた黒き矛に触れたことで、彼女は、逆流現象に遭ってしまったのだ

黒き矛からの力の逆流によって意識混濁状態に陥った彼女は、どうやら、セツナの記憶を見てしまったらしい

 セツナの人生のすべてを見た彼女は、どういうわけか、それ以来、セツナ一筋の人間になってしまっていた

なにがどうしてそうなったのか、彼女自身にさえ、はっきりとはわからないというのだ

赤の他人であるセツナに理解できようはずもない

 しかし、それ以降、彼女が世界への憎悪と同じか、それ以上の愛情をセツナに注いでくれていることは確かだった

 憎悪もまた、感情のひとつだ

 奈落の底よりも深い憎悪を抱ける人間が、大海よりも広大な愛情を内包したとして、なんら不思議ではない