八王子駅 パチンコ店

八王子駅 パチンコ店

もっとも、ここからさらに手を加えて出来たのが、量産型の」「聞きたくない! そんな話ッ!!」「駄目だ

聞くんだ」 強く叱責するようなその声音は、確かに説法をする時の継火手の声そのものだった

それが余計にカナンの心を揺さぶる

もうこれ以上、何一つ知りたいとは思わなかった

「これはエマヌエルの、最後の頼みなんだよ」 だが、シオンの口からその名前が挙がると、カナンは否応なしに顔を上げざるを得なかった

「彼女がここにたどり着いた時には、もう息絶える寸前だった

ほんの少しの時間しかなかったよ

あなたも好きかも:スロット ジエンド
僕の願いを託すことも出来なかった

 逆に、彼女からお願いされちゃってね

あなたも好きかも:中野 パチンコ イベント
カナンって女の子がやってきたら、僕の知っている全てを教えてやってほしいって

 その子には、全ての真実に耐えるだけの強さがあるだろうから、って」「っ……!」 自分にはそんな強さなど無い

そう言い切ってしまいたかったし、心の中はもうこれ以上踏み込みたくないという拒絶反応で一杯になっている

こんな風に思うのは初めてのことだ

 いつでも、自分の知りたいと思うことを進んで吸収してきた

そうやって蓄えた知識が、自分自身の生を豊かなものにしてくれると信じてきたからだ

 だが、その行きつく先に待っていたのは、自分の人間性を否定する真実だった

 自分の根源は、あのおぞましい肉塊を組み合わせて出来た成果物と結びついている

そう思うだけで、全身の肉を削ぎ落としたくなる衝動に駆られる