青鬼 スロット 設置 店

青鬼 スロット 設置 店

と頷き、再びレイたちの様子を見る為に腰を降ろした

「まあ、相手は遊びらしいし……問題は無いか……多分」 呟くように言ったライは、レイとリヤンを診ながらエマとフォンセの様子を眺めていた

『次の相手は主ら二人か……?』 己の前に立ち上がったエマとフォンセを前に、九尾の狐は余裕のある表情で二人を一瞥する

「ああ、そうなるな

私たちが相手だ

私の魔術と貴様の妖術……どちらがより優れているか比べてみようじゃないか」 フォンセは挑発するように九尾の狐へ言う

フォンセの魔力と九尾の妖力は恐らくフォンセの方が劣っているだろう

 しかし、今回は遊びなので九尾の狐も本気を出す訳では無い筈だ

あなたも好きかも:近く パチンコ 屋
『ふふ……面白い

あなたも好きかも:タイタニック パチンコ 閉店
良かろう、妾《わらわ》が主を楽しませてやるぞ……』 九尾の狐はフォンセの内心を読み取った上で笑って返す

 妖怪という生き物は人間・魔族よりも遥かに長生き

妖怪である九尾の狐は遊び相手が欲しいのだろう

「ふふ……私の事を忘れないでくれよ? 私もどちらかと言えば『そちら側の生き物』? ……だからな」 フォンセに続いて言葉を発するエマ

場所によっては人間・魔族に値しないヴァンパイアは妖怪として扱われているからだ