ぱちんこ 警察庁

ぱちんこ 警察庁

「ん?向こうに妙な人集りがあるな」「本当ですね

あそこは商人が露店を広げられない場所ですから、特価販売とかではないと思いますけど……あ、ユグラ教の告知看板ですね」 緊急事態を除けば、国からの知らせはこういった看板を経由することが多い

村々に突き立てるだけで情報共有が行え、文字が読めないものも居合わせた読める者に聞けば良いわけだからな

 ただこれだけの人集りとなると、それなりに重要な情報なのだろうか

そう思い、鎖を地面に付き立てつつ少しだけ浮く

この高さならば人集りを気にせずに読むことができるだろう

あなたも好きかも:パチスロ 北斗 の 拳 強敵 ブログ
「本当に便利ですよね、その鎖……

看板にはなんと?」「……同胞達のことだな」 緋の魔王との一件以来、ユグラと同じ星の民である同胞の存在はこの世界の住人の耳に届きつつある

金の魔王に紫の魔王、そして『蒼』と協力する上で、その三人の魔王を制御できる特別な人物であるとユグラ教は発表している

あなたも好きかも:ハルヒ パチスロ
 今回の看板には同胞がセレンデで蘇生魔法を手中に収めようとしていた犯罪者を倒したことが書かれている

ユグラ教としては同胞が人間にとって脅威ではなく、頼りになる存在であるかのように振る舞いたいのだろう

それはこの文面からでも見て取れるのだが……

「だからといって、魔王と手を組むだなんて……冗談じゃないよな」「そうね……