番長2 スロット 天井

番長2 スロット 天井

セツナ伯サマの体を傷つけることはおろか、触れることさえありません

ただ、波光を当てているだけですよ」「波光……魔晶石の光のことでしたね?」「ええ

我々、魔晶技師の間でのみ通用する言葉ではありますがね」 ふたりの会話がすんなり耳に入ってくる

「この大陸で魔晶石が使われるようになったのは、何百年も前の話だといいます

何百年もの昔、それこそ聖皇の時代にまで遡ると、魔晶石はむき出しの石のまま使用されていたといいますな

あなたも好きかも:ブラックジャック サントラ
当時、魔晶石は光石と呼ばれ、珍重されていた

あなたも好きかも:札幌 パチンコ お盆 延長営業
その時代、光石は発掘されていたわけではないらしいのですよ」「光石……ですか」「光石が魔晶石と名を変えるのは、それからしばらく後のこと

聖皇時代が終わりを迎え、三大勢力の勃興と小国家群の成立後のことといわれています

光石が魔晶石と呼ばれるようになった由来はいくつかありますが、生物が触れることで光を発することが魔法のようだということから魔法の結晶とされ、魔晶石と呼ばれるようになった、というのが一般的ですな」 ミドガルドが早口で説明しているのは、魔晶石のことであるらしい

魔晶石の由来や歴史など始めて聞くことばかりだったが、魔晶技師である彼には常識的なことなのかもしれない

そんなことを口早にまくし立てる彼は、調整器の隣に配置した机に向き合っていた

配線のようなもので調整器に繋がった小さな端末と睨み合い、紙になにかを書き記している

(ん?) セツナは、疑問を感じた

あなたも好きかも:鹿島 市 パチンコ
なぜ、ミドガルドの姿が見えているのだろう

いや、ミドガルドだけではない

彼の近くに立ち、調整器を見つめるレムの姿まで、はっきりと見えている

室内の様子もだ