キノ・ポップ

キノ・ポップ

だから、俺は距離を置く

いつか来る、再び孤独に戻るその日のために」 草子さんは飄々としていて、賢くて、どんな時でも不敵に笑っていて――

 ……でも、本当はとても傷つきやすいんだ

 それは、草子さんがずっと孤独だったから

沢山の人からの拒絶を経験してきたから

 草子さんは、教授さんに出会って救われたんだと思う

でも、それは拒絶されることがあり得ない人達――文学という共通の趣味で集まった同志

あなたも好きかも:リライト パチンコ 設置店
 ロゼッタさんと親しくしているのも、自分の趣味のジャンルに近いから――きっとそれだけなんだと思う

あなたも好きかも:スロット 実機 防音
 それが、悪いとは言わない

でも、それだと私達が望んでいるような関係には到底なり得ないんだよ

 本当に草子さんと向き合うためには、文学好きの少年じゃない――ありのままの草子さんと向き合わないといけない

 そして、そのためには覚悟を決めないといけない

 草子さんは、戻れなくなることを恐れずに一歩を踏み出す覚悟を、そして私達は決して草子さんを一人にしないという覚悟を

「まあ、なんだ

俺もお前らとの旅の雰囲気は嫌いじゃない

もう少しだけは一緒にいることになると思う