喰霊 パチンコ スレ

喰霊 パチンコ スレ

あなたも好きかも:まどマギ 叛逆 スロット 設定示唆
 ただし、その性質上、嘘をつき続ければ信用を落とすことは、聖職者としては致命的な事態となる

 そのためこういう場合では、嘘はつかないということは、一般的には常識の範囲となっている

 もっとも、その噂をひとりの聖職者が言っていれば、同じように笑い飛ばしていたかもしれない

 しかしながら、今回の場合は、同じ巡礼隊にいた全員の聖職者が口をそろえて肯定したために、本当のことなのでは、と思われ始めたのである

 一度そう思われ始めれば、あとは続報を待てば噂の真偽は確かめられる

あなたも好きかも:帯広 パチンコ 旧 イベント
 何しろ、嘘の噂などそう長続きなどしないのだから

 結局、馬なし馬車の噂は、途切れることなく広まり続けることになった

 それもそのはずで、姿を隠すつもりもないのか、大陸を街道沿いに南下していっているという目撃情報がずっと続いているのだ

 しかもその速さは、普通の行商の馬車は勿論、クラウンの大規模商隊よりも早い速度で移動していることがわかった

 そんな情報が流れれば、欲しがるものが出てくるのは当然のことである

 普段移動することが多い冒険者から、行商を行う商人たち、果ては物珍しい物を欲しがる好事家まで、何とかして馬なし馬車を手に入れられないかと動き始めていた

 東の街にある商人ギルド「オロの集い」のギルドマスターであるバルトロが、馬なし馬車の噂を聞きつけたのは、そんなときだった

 ♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦「・・・・・・遅かったか」 部下からの報告書を見たバルトロは、その報告書を机の上に放りながらそう呟いた

 その報告書には、馬なし馬車はすでに東の街を出て、さらに大陸を南下し始めたと書かれていた

 できることなら、馬なし馬車が東の街にいるうちに交渉をしたかったが、その考えが無駄になってしまった

こうなってしまえば、追いかけるのは至難の業です

どんな既存の馬車よりも早く駆け抜けるようですから」 長年自分の補佐として付き従ってくれている部下の言葉に、バルトロは渋い顔になった

 信じられないような速さで街道を駆けるという話は、バルトロも知っている

 むしろ、その噂があったからこそ、なんとか手に入れられないかと動いていたのだ