喰霊 スロット アイキャッチ

喰霊 スロット アイキャッチ

 つまり何作も書くゆとりがあるはずなのです

テーマは書き手の知識と感情の枠を出られない かなり散漫な「箱書き」を元にして「あらすじ」と「プロット」が出来たと思います

 ではその「あらすじ」と「プロット」を何度でも読み返してみてください

あなたも好きかも:fallout new vegas カジノ mod
 すると「あらすじ」の背骨(バックボーン)を構成しているもの、プロットである程度一貫しているものがあることに気づくはずです

あなたも好きかも:パチスロ 月
 わかりましたか

それこそあなたが作品で読み手に伝えたかった「テーマ」なのです

あなたも好きかも:パチンコ コブラ 設置店
そしてこれはあなたの「命題」でもあります

 書き手が書きたいものを書いた

ですが曖昧模糊とした「あらすじ」や「プロット」から、全体を通した「テーマ」「命題」が見つかります

 これは「テーマ」が「書き手が知識や感情の中に持っているもの以外からは生まれない」という、「テーマ」の実態があるからです

 たとえば「死」について深く考えたことのない書き手が「死」をテーマにして小説を書いたとしても表面的な表現にしかなりません

 乳がんの闘病をしながらブログを書き続けた故・小林麻央氏は「死」について深く考えていました

 だからこそ対になる「生」を魅力的に発信することができたのです

 そういった深い考えもなしに「死」を「テーマ」に据えてしまうとどうしても上っ面だけの作品になってしまうのです

「死」をテーマにして作品を作ろうと思ったなら、東洋でも西洋でも構わないので思想書の類いはある程度読み込んでいなければなりません

 それが血肉になって知識と感情へ及んだとき、初めて「死」をテーマとした小説を書くことができるようになるのです

 現状あなたは「死」についてどの程度考えが及んでいるでしょうか

 だからこそ書き手は時間を見つけてはあらゆる情報を貪欲に集めなければなりません

 他人の書いた小説や歴史書、アニメ・ドラマ・映画などの映像作品、流行している歌といったものに数多く触れておくべきです