スロット マックスボンバー

スロット マックスボンバー

度重なる攻撃にも耐え抜いたドラゴンを打ちのめすほどだ

戦場に彼女ひとり放り込めば、一騎当千の活躍を見せるのではないかと夢想することもあるのだが、実際はそういうわけにもいかない

 クオンが前方に視線を向けると、マナは肩で息をしていた

スターダストの火力を引き出すために精も根も尽き果てたのだろう

普通に棘を爆発させるだけならば、そこまで消耗することはないのだが、スターダストの力を引き出すとなると、疲労も半端ではないらしい

武装召喚師ならばわかることだし、クオンにも理解のできることだ

守護対象を増やせば増やすほど、設定を複雑にすればするほど、召喚者にかかる負担は大きくなる

あなたも好きかも:ブラックジャック ハードハンド ソフトハンド
「マナ、君はもう下がっていい」「クオン様……」 マナはこちらを振り返ってなにかを言いたげな顔をしたが、結局、なにもいってはこなかった

彼の命令に抗うことなく、こちらに向かってくる

あなたも好きかも:関宿 パチンコ
 ウォルドとイリスは、前方に注視していた

ドラゴンは転倒したまま動かないものの、死んだわけではない

息吹が聞こえる

地響きのように聞こえていた音は、どうやらドラゴンの息吹なのだ

あなたも好きかも:稲城 パチンコ屋
地は揺れておらず、視界も安定している

 ドラゴンは生きている