青森市 コロナ パチンコ

青森市 コロナ パチンコ

橋田に続き、また決意表明のような言葉だ

 「何を言ってるんだ?」と、怪訝に続きを待つ彼に、生美は顔を上げた

「保存料とか払うから、加奈の卵子、取っておいてくれる? ……健斗に手が掛からなくなったら、いつか私が産むから」 また突拍子のないことを――

 唖然とした反町は、「……はは」と戸惑い笑みを浮かべた

「で、でもそれは……」「問題はないでしょ?」 目を細めて腰に手を置く

まるで女王様気取りな彼女に反町は「ど、どうかな?」と困惑しつつも首を傾げた

「それは……よくわからない」「どうせ保管期限過ぎたら捨てられるだろうし

その時私にちょうだいよ

あなたも好きかも:スロット mbの意味
私が、自分の子として産んで、育てるから」 強い意志を持っているのだろう

真っ直ぐな視線と揺るぎのない表情に、不安よりも疑問を抱いた反町は胸の前で腕を組んで顔をしかめた

「なんでそうなるんだ? 何をこだわるわけ?」「じゃあ、誰が残された命の種を宿せるの?」 真剣な眼差しで問われ、反町は言葉をなくした

あなたも好きかも:スロット ダイナマイトキング
「残された命」――

あなたも好きかも:ミニロト スロット
しかも、加奈だ