ポーカー 強い順

ポーカー 強い順

少しでも同じものに近づいて、母に自分の中にある―――アルセンの中にある父アングレカムの部分を感じて貰って、心を癒してあげたかった

英雄となって、母の涙を、止めてあげたかった

あなたも好きかも:パチンコ キャッツアイ2 甘
だけれども、憧れていた父は、本当は戦う事を悲しんでいたともいう

あなたも好きかも:スロット 戦車道 劇場版
『じゃあ、どうすれば平定は、悪政に虐げられていた人々の日常が守れたというんですか?』『アングレカム様も、きっとアルセンと同じ様な気持ちを抱えながら、それでも戦っていただろうと思います』例え国を平定するためにという、大義名分があったとしても

手を下した相手が、自分以上に権力をもって多くの人の命を奪っていたとしても

命を奪ったのなら、人殺しなのだから

そして、命を奪った相手にも、愛していた人や家族がいただろうから

自分がしてきた罪がどれ程の物か解っているから、少しでもこれ以上人の命を奪わなくても済む方法があるならば、と

『だから、アングレカム様は平定を終えた後には、各国の政治を学び"戦争が起きない、起きにくい世界"を目指していた

例え争いが起こったとしても、血を極力流さずに済む方法を平定後は研究し、捜し続けておられた

そしてこの世界で、我が国がもっとも軍力がある内に、英雄の仕組みを作り上げ、広げようと努めておられました』ユンフォの口調は、いつの間にか、かつて軍略を練る時のアングレカムに付き合うものとなっていた

アルセンも、いつもの思いやりのあるユンフォの口調から、宰相で英雄でもあったアングレカム・パドリックを支えた、軍人ユンフォ・クロッカス少将になっているのに気がつく

英雄の話が"策謀"が関わる話になっていくのを、子どもながらに気づいていながらも、言葉を止められなくなっていた

『でも、ならどうして、最も血を流すだろう英雄候補が3人も、この国には育てられようとしているのですか?!

矛盾しています!英雄がいるから、戦争が、争いが起きないのではないのですか?!』賢いアングレカムの子どもだから、色々な矛盾や、"長すぎる策"に気がつけないでも、おかしくはないとユンフォにもわかっていた

(アングレカム様、幼いアルセンには、貴方が練り上げた、途方にも無謀にも見えるかもしれない

けれど"人間"が安寧の大切さに気がつき、続ける為の"策"を話すのをお許しください)『―――それはまだ、英雄の仕組みが、"2回目"の仕組みを動きだしたばかりの、"中途"だからです