パチンコ 評価 高い

パチンコ 評価 高い

 すでに視界からは消えていたが、目を細めてドアの向こうを睨む弥生に、「……おい」と傍に立った気配が声を掛けた

「……あいつ、なんだって?」 遠目から窺っていて話などは一切わからなかったのだろう、立花に真顔で問われた弥生は、気を落ち着けようと深く息を吐き出した

あなたも好きかも:パチプロ スロット
「……先約が入っていたようですね」「後藤か?」「……いいえ、……後藤さんでも、矢野さんでもないようです」「誰だよ?」「……誰でしょうね」 弥生は淡々と答えながら、顔をしかめる立花の横を通って自分の席に戻り、さっさと帰宅準備を進める

「なあ、なんか言ってたか?」 鞄を持って洋一が近寄り問うと、弥生は彼を見ることなく鞄を整え、それを持ち上げてから目を向けた

「……大島さんからは何も聞いていませんが、何か、嫌な予感がします」 いつもの無表情さとは違った真剣な気配に、洋一は「……はっ?」と怪訝に眉を寄せた

「嫌な予感って……」「……家に帰って、占ってきます

……明日、なんらかの結果をお伝え出来るかと思いますので」 戸惑いを露わに口籠もる洋一にぺこりとお辞儀をすると、弥生は足早に歩き、顔をしかめて首を傾げている立花に近寄り傍で足を止めた

あなたも好きかも:二つ名武器 スロット
「……大島さんに、蛇が巻き付いてしまったようですね」 鞄を抱え直しながら、何かを探すようにゆっくりと見回す弥生の言葉に立花は「……へび?」と繰り返して更に顔をしかめる

 弥生は「……ええ」と小さく頷いて、真顔で彼を見上げた

「……幸運を呼んでくれる蛇ではなさそうです

……手足に巻き付かれて動けなくなる前に、助けてあげた方がいいかもしれません……」 深刻そうに告げられ、立花も感化されて真顔で唾を飲み、その言葉の真意を問おうとしたが、「立花、山口」と、教卓から原田に声を掛けられそちらを振り返った

 ――書類をまとめながらも、原田が睨むような目でじっと見ている

 洋一は鞄を置いて面倒臭そうにそちらへ歩み寄り、その姿を目で追った弥生は立花を見上げた

「……また明日、お話をしましょう」 そう告げて弥生はぺこりと頭を下げ、足早に教室を出て行く

立花は真顔でその姿を見送り、ため息を吐いて教卓へと歩み寄った

「……おまえらは何をしているんだ」 さすがに気になったのだろう、周りの生徒たちには聞こえないよう、声を潜めて睨み訊く原田に、遅れてやって来た立花と待ち構えていた洋一は顔を見合わせて彼に目を戻した