パチスロ 二人の女王

パチスロ 二人の女王

「―――弟君も、それは覚悟しているようです

あなたも好きかも:アイマス スロット メモリアルライブ
本当の事を言えば、"彼"は、兄である"主殿"について行ってくれた貴方達に感謝もしているけれど、"嫉妬"もしているんですよ

あなたも好きかも:熊本 パチンコ イベント規制
最愛の妻や、セラフィムという高位の役目を置いてでも、付いていけるその、心根に」「―――何と、フッ、ハッハッハッハッ!」ネェツアークの言葉を聞いたベルゼブルは、雨空に向かって盛大に笑った

「何と不可解!、だが、納得はした

まさかこの立場を、嫉妬されているとは思わなかった」殆ど姿が消え、盛大に笑う翁に、ネェツアークは小さく頭を横に振った

「一番信頼されている、大切にされているつもりだったのに、"置いて"いかれる辛さ

裏切られたとも、自分を思いやった為とも取れる事は、残された方には枷にしかなりません」ベルゼブルの姿は、殆ど消えていた

だが、結界のカケラはまだ舞っているのでネェツアークは先程の言葉を語った

(そういった"記憶"に縛られるのも、また地獄かもしれないな

あなたも好きかも:仙台 パチンコ キングオブキングス
ウサギの賢者殿、猫のお嬢さん)ネェツアークとライの頭にベルゼブルの声が聞こえ、最後の結界の塵が2人の間に落ちた

そして全ての結界が消え去り、雨が未だに降りしきり、罠だけが全て作動した荒れた中庭の中

眼鏡をかけた鳶色の瞳と髪を持ち、何も縛していない深紅の紐を携えた男と、銀色に輝く折れた爪が突き刺さる大地に蹲る黒髪の美女が残された

「さて、これじゃあもう旧領主邸に入る事は出来ないし、時間もないかな、ん?」ネェツアークが胸元から銀色の懐中時計を取り出して、時計の蓋を開く

そして時計版に示されている時間と、雨雲からでも神経を研ぎ澄ませば何とか分かる月の位置を数回、見比べた

「済まないが時計を貸して貰えるかな?」ライは少し腫れた目許で、大地に刺さる折れた爪を眺めながらも小さく頷き、胸元から、黒い猫がモチーフとなっている懐中時計をネェツアークに差し出した

「ありがとう

やはり、タイムラグがあるか」自分の時計、ライの時計、そして月の位置が示す現在の"本当"の時間、その3つを比べてネェツアークは考える