凪のあすから 動画 スロット

凪のあすから 動画 スロット

怖いのは美射だけじゃないのか?」マリーは苦笑いしながら「まずは順を追ってじゃよ

ほれ次じゃ」パチッと指を鳴らした

教室の中である

中心に集まった俺たちを見て顔のないクラスメイトたちや教師がゲラゲラと笑い転げている

「んー二連続でつまらんぞー? それになんだこの狭い教室は

 タカユキたちはこんなところに押し込められて 勉強させられてたのかー?非効率的だろ」「まぁ、大人になってから見ると狭いよな、確かに」俺は震える美射に抱き着かれたまま笑い転げている周囲を見回す

三十人くらい居るが、一人も友達や俺の知っている教師ではない

あなたも好きかも:opus パチンコ
確かに知らない所に放り込まれて、いきなり笑われたら怖いよなと思いながらも、冷静に見回していると次第にクラスメイトや教師たちの形が崩れていきそれでも笑い続ける彼らから流れ出る血液で教室が血の海に染まり、今度は窓の外から逆さの巨大な間延びした男の顔がのぞき込んでいる

セイは少し嬉しそうに「七十点だな

多少はインスパイアされたぞ」マリーはうんうんと満足げに頷いて「あと、二十七シーンはあるがなぁ

 時間が無いようじゃし、ラストに向かおうか」夕暮れ校庭で俺たちは凄いイケメンの学生服姿の俺と対面していた

いや、イケメンの俺などありえないが何かとにかく色々と鋭くて、そして光り輝いている

概念界で見た、概念体の俺よりも本体の俺に良く似ているのでかなり恥ずかしい

イケメンの俺はひとまとまりになっている俺たちを見て「ごめん、美射、呼び出しちゃって……」爽やかに謝ってくる

やべぇ……これが一番今回の中ではホラーかもしれない

俺が一挙に押し寄せてくる恥ずかしさに震えだすと何故か抱き着いてずっと震えていた美射が号泣し始める

イケメンの俺は、俺たちに向かって「すまん