モンスターハンター スロット 設定5

モンスターハンター スロット 設定5

半年前に弟子も一人前になったし、ロブロウに来た時は、大人しいばっかりだった彼女が、今は立派な領主になっているのに、嬉しかったり驚いたりよ」『"半端者が良かった"というのが、気になるな』グランドールの言葉にエリファスが苦笑する

「本当に意外な所でグランドールは敏(さと)いわね

細かくいうなら半端というか、私がいつも『独り』だったから、アプリコットには良かったのよ」『せんせい、ひとりはさびしいよ』アトのシュンとした声が聞こえて、リリィは最後のライスボールを口にしながらも、思わず慰めたくなる

エリファスも少しだけ悲しそうな顔をして、アトの言葉に応えた

「そうね、アト

独りはさびしい」だが次の瞬間、エリファスは口角をキュッと上げた

「けれどね、独りだとよっぽど人に迷惑をかけない限り、文句や悪口を言われないって良いこともある」『ひとりだと、悪口いわれないの?』アトが驚いた声をあげるので、エリファスは再び苦笑した

あなたも好きかも:愛知 スロット 特定日
「まあ、それはロブロウって領地の中だけに関していると思うんだけれどね

シュトがさっき言っていたでしょう?

あなたも好きかも:セインツロウ2 カジノ
派閥があるって

うーん、こっからはアトにわかりやすく説明するには難しいし、ちょっと人間の嫌な部分を聞かせなきゃいけなくなるかも」エリファスは組んでいた腕を組み直し、そしてリリィを申し訳なさそうに見る

出切ればリリィにも、聞かせたくはない内容

『アトには悪いが、派閥の仕組みを教えて貰えると助かる

いずれにしろ、この領地に研修が済むまでは滞在しないといけないのだからな

知っておいた方が無用の揉め事を避けれる』 グランドールの言葉にエリファスは小さく溜め息をついて、話を始めた