パチンコ 三重 県 口コミ

パチンコ 三重 県 口コミ

距離はそれほど離れていません』「よし、制圧射撃を頼む」『お任せください』 もう一度呼吸を整え、先ほど迫撃砲の砲撃で肉片になった味方の死体の群れへと向かって突っ走った

敵兵に見つかってしまったのか、やけに大きな弾丸の群れ―――――――多分MG3かブローニングM2重機関銃だろう――――――――がこっちに容赦なく飛んでくる

あなたも好きかも:スロット 交換率 47
数発が肩や太腿に命中して凄まじい衝撃をプレゼントしてくれたが、防護服の下で外殻を使って硬化していたおかげで、俺まで肉片にならずに済んだ

 擱座したレオパルトの残骸の影へと滑り込み、肉片と化してしまった味方の兵士の死体が身につけていたホルダーやポーチの中から、まだ弾薬の入っているAK-12用のベークライト製のマガジンを拝借する

戦死した味方の死体に向かって「許せ」と呟いてから、そのマガジンを自分のポーチに突っ込み、擱座したレオパルトの影からこっちに弾丸を放ち続けている機関銃の射手の近くに、グレネードランチャーの水銀榴弾をお見舞いする

 ポンッ、とグレネード弾が飛び出していき、黒焦げになったM2ブラッドレーの砲塔を盾にしながらMG3を連射していた兵士のすぐ近くに着弾した

爆風と共に内蔵されていた水銀が飛び出し、衝撃波に押し出されたことによってちょっとした斬撃となった水銀が敵兵の肉体を切り刻む

あなたも好きかも:水前寺 パチンコ カフェ
 恐ろしいMG3のフルオート射撃が止まったのを確認しつつ、俺は前進した

 M2ブラッドレーの残骸を盾にしながら呼吸を整えながら、味方の強襲殲滅兵の様子を確認する

あなたも好きかも:スロット 飲まれるとは
 一番最初に突撃した時は50人もいた筈だった

5.56mm弾や6.8mm弾が被弾しても意に介さずに前進を続け、装備した重機関銃をひたすらぶっ放し続ける強靭な兵士たちは、まさに敵兵たちの脅威だったに違いない

 しかし――――――――その屈強な兵士たちの数が、予想以上に減っていた

 焼け野原の一部や爆炎の一部にも見える深紅と黒の迷彩模様の防護服に身を包んだ兵士たちの数が、減っているのだ

突撃した時は50人もいたというのに、撤退していく敵部隊を追撃している兵士たちの数は30人を下回っているのが分かる

しかもその兵士たちの大半が、物陰で衛生兵にヒールで治療してもらっている状態であった

 隠れている俺の頭上を、14.5mm弾の群れが駆け抜けていく

大破したM2ブラッドレーの砲塔の上を通過していった大口径の弾丸の群れは、その向こうにいた敵兵の肉体を瞬く間にミンチにし、灰色の砂を巻き上げる