スロット 青鬼 動画

スロット 青鬼 動画

私は食事中だ」変態の振り幅が読めないので、暫定将来の伴侶候補に予習させようとしたが逃げられてしまった

「でも、昨日みたいに髪の毛を洗ってくれるのも好きだよ?」「だからって、わざと汚してきたら二度と洗ってあげませんからね」「……洗髪したのか?白……魔物の髪を?」「洗いますよ

眠る時に汚いと嫌でしょう?」その途端、ぴたりと物音が消えたので、ネアは眉を寄せた

「まさか一緒に寝ているのか?」「エーダリア様の中の私の評価は、痴女なのでしょうか」「いや、だが…」「明け方に転がり込まれたことはありますが、きちんと蹴り出しましたよ?今の発言は、ディノが自分で眠るときに嫌でしょうってことです」「ネアは優しいからね」そしてようやく切り出すべき本題を思い出したネアは、自分のお皿が綺麗になったことを確認してカトラリーを置いた

「ところで、エーダリア様

私、もしかしたら仮面の魔物の被害者かもしれません」「は?」「……はい?」人間二人が声を上げる中、ゼノーシュは空っぽになったスープ皿をしょんぼりと持ち上げている

反応してくれたのはディノだった

あなたも好きかも:フェニックスカジノ
「どうして、そんなことを考えたんだい?」「ディノ

昨晩ふと気付いたのですが、これは私本来の容姿じゃないみたいなのです!すっかり気付きませんでしたが、それは、決して私が鏡を見るのをさぼっていたずぼらな人間だからではなく、きっと悪い魔術に邪魔をされていたに違いないのです」「仮面をかけられたのか?!」魔術師としての本能だろうか、ぱっと表情を変えたエーダリアがネアに手を伸ばしかけ、「私のものに触れないでくれないか」ディノに素気無くはたき落とされた

「こらっ!あなたは魔物で頑丈なんですから、人間に肉体的な衝撃を加えてはいけませんよ」幸い、腕が千切れたり骨が折れたりすることはなかったが、手を押さえたまま固まってしまったエーダリアがあまりにも不憫で、ネアは隣の席の魔物を窘めた

「ネアが面倒なことにならないように、力は加減したよ?」「でもほら、びっくりしてしまって可哀想でしょう?…っ!何で私の頭部に攻撃をするんですか!!!」唐突にディノはネアの頭を両手で押さえた

あなたも好きかも:パチンコ 操作されてる
エーダリアの方を見ようとした動きを阻止して、自分と額を突き合わせるようにしてしまう

あなたも好きかも:イニシャルd スロット pv
睫毛の影も見える距離で、ネアは、あまりにも色彩に愛されたその瞳を見返す

「あまり、私以外のものの為に心を動かさないで欲しいな」これは、人間の範疇を超えた、厄介な生き物の眼差し

その美しさの拒絶感は、いっそ絶望的な程だ

「ふふ、ディノは我が儘ですね」「ネア………?」「でも、我が儘を言う場所は、私以外の誰かには迷惑をかけないやり方を覚えましょうね」「……っ!」距離感を利用してごすりと頭突きされ、ディノがびっくりした顔で固まる

奇しくも、エーダリアとディノ、同じような表情の二人が出来上がった

「ディノ、お返事はどうしました?」「………何だろう、嬉しい」「………残念