八重洲 ぱちんこ

八重洲 ぱちんこ

山をいくつか通り過ぎて平地の村をリクガメは踏みつぶしながら一直線に山根城へと向かっていく

村人たちは、唖然とした顔をしながらもリクガメの上に立つ九平を見つけると「がんばれよーっ!」「やっちまえー!」などと声をかけてきている

「農民側に思ったより、混乱が無いってことは 九平さんの計画を、みんな知ってたのね」美射が脳内に話しかけてくる

「そうみたいだな

でも不思議じゃないか? 知ってたとしても、もっと驚くよな?」こんな巨大リクガメが来ると予め教えられていても、普通は腰が抜けるはずだ

「……この悪魔が、元々農民たちと面識があるのかもね

あなたも好きかも:パチンコ 舞鶴 チェリー
 黒いヤギ人間を見知った農民側は だから、こんな異常な状態も受け入れられた

あなたも好きかも:スロット srtとは
 むしろ一揆を焚きつけたのは、こいつかも」「……だとしたら、美射……」「最初から山根家を脅しつけるのが 目的だったのかも……」「農民たちも嵌められてるってことか?」「そうなるわ」「……何のために、そんなに山根家に……」「うーん……」美射は黙り込んでしまった

上陸してから、約一時間後には巨大リクガメは森に囲まれた小さな山城に迫っていた

あなたも好きかも:コードギアス 初代 スロット
城内からは農民たちの大歓声が上がり火の手がそこら中から上がり始める

ほとんど、足軽や武者たちの抵抗はないようで山林の中を逃げていく小集団をいくつも見かけた

家臣たちも見限ったようだ