エゥァンゲリオン8 パチンコ

エゥァンゲリオン8 パチンコ

「"リリィ"、大丈夫かい?」よく通る澄んだ声で、ネェツアークにリリィは尋ねられた

あなたも好きかも:スロット バベル
リリィはハッとして、ネェツアークに支えられてる状態で頷いた

そして直ぐ横に、金色のカエルがフヨフヨと宙に浮いている

「そうだ、カエルさん、空を飛べるんだった」リリィがそう呟くと、ネェツアークがクッと少女を支えたまま笑い声を漏らす

「相当、慌てていたみたいですね、御嬢さん」先程は名前を呼び捨てしていたのを、今は違う呼び方になってリリィは緑色の瞳を瞬いた

「私には、ネェツアーク殿も充分慌てているように見えるけれど

片膝ついて衣服濡らしてまで助けるなんて、とっても紳士らしいとは思いますけれどね」アプリコットがリリィを援護するように、ネェツアークを茶化した

 「―――嫁入り前のお嬢さんを、泥で汚すわけにはいきません

紳士として、当たり前ですよロブロウ領主殿」"雨降って地固まる"どうやらそれを地でいったらしい、そのお陰でネェツアークの緊張は結構ほどけていた

あなたも好きかも:2017年 パチンコ 規制
リリィを支えたまま、アプリコットに軽口を叩けるぐらいにはなっている

「で、いつまで支えているの?

あなたも好きかも:カイジ 沼 スロット ゾーン
まあ、ネェツアーク殿も、リリィちゃんも互いにいいならそれで、私はず―――っとして貰っていても、ちぃ―――っとも、構わないけれど」"血の契約"で、ロブロウ領主の記憶がネェツアークに流通するように、覇王ネェツアークの記憶も契約者のアプリコットに流れていた

そして、"人"としてのウサギの賢者の記憶が、リリィとネェツアークが接することで、波のようにアプリコットの内にやってくる