新内規 スロット

新内規 スロット

……「お、おう……」「も、戻ってきたケロ……」近くには社があり、俺たちの周囲をテント群が囲んでいる

そして真夜中のままだ

「よかった

時間はそんなに経っていないみたいだ……」「タカユキ様、今のは何だったんだケロ……」俺は自分の旅装を見回す

あなたも好きかも:スロット リミット
両手を開閉させて、両足も左右あることを確める

特に以前と変わりは無いようだ

「美射にからかわれたのかな……」「そういえば、ミイ神が開閉が何とか言ってたケロ」「確かに……ちょっと試してみるか……」俺は深呼吸して、軽い気持ちで「開け」と言ってみる

途端に物凄い数のあらゆる種族の喜怒哀楽や街の建物や草原、そして木々の間を飛び回る緑色の妖精のような者たちのリアルタイムの所在位置の何万もの視覚情報、そしてどこかから聞こえてくる"タジマ神、補神のバーナエルでございます

あなたも好きかも:パチンコ 押忍 番長2
以降よろしくおねがいします

 現在の、各地の風の運行は異常はありません"というダンディな男の声、さらにローレシアンの知っている場所や知らない場所の数千万の深夜の情景が一斉に視覚や聴覚に流れ込んでくる

「なんじゃこりぁあああああああああああああ!!!!! 閉じろ!!早く!!閉じてくれ!!!」情報の洪水に狂いそうになり、悲鳴を上げて、感覚を閉じさせると元の場所に戻る

辺りを見回していたバンが「びっくりしたケロよ!!いきなりタジマ様消えたケロ!!」俺に焦って飛びついてくる

「……バンな……」「はいケロ……」「あいつに滅茶苦茶やばいもん……くっ付けられたみたいだわ……」「……その表情で、僕も何となく理解したケロ……」俺たちはうな垂れながらテントへと帰っていく

寝静まったテントへとたどり着くと、バンが「タガグロさんたち起こすケロ?」「いや、美射にからかわれただけという可能性が まだ捨てきれないし、ちょっと様子を見よう」美射にむりやり神にされたとか本気で信じたくない

「はいケロ

僕もさすがにちょっとまだ……」バンは戸惑った表情をして、先にテント内へと入っていった

俺はしばらく、空を見上げて気持ちを落ち着けてから、テントの中へと入る