スロット クレア2

スロット クレア2

全部」 しかし、それを聞いても陽滝の表情は全く変わらない

 動いているのは、足元だけだった

 白い『糸』が、じわじわと地面を侵食して、魔法の浅瀬となっていく

あなたも好きかも:リング スロット 7日間
滑らかな『糸』の束が、波打つように蠢いていた

あなたも好きかも:まごころを君に スロット
 そして、僕の足元から数本の『糸』が伝ってきた

 僕の脚に絡まり、腰を這い上がり、胸と首を通って、頭まで届き――繋ぐ

その『糸』の一本一本は重く、鎖に繋がれているような錯覚がした

あなたも好きかも:スロット テラフォーマーズ 設置店
 その鎖の所有者は心配そうに、僕に聞く

「いま、階段を上がれば、全て忘れることができます

上に戻る気はありませんか?」 陽滝は自分が降りてきた後方の扉を指差したが、僕は小さく首を振る

「……ない」「『夢』は嫌いですか? あの《冬の異世界(ウィントリ・ディメンション)》は、兄さんの魔法です

いわば兄さんが望んで、兄さんが作った優しい幻です」 陽滝は用意していたかのような説明を、口にしていく

 悪意はないと主張して、あれこそが新しい『世界』の形だとでもいうように堂々と喋る