3のつく日 スロット イベント 神奈川

3のつく日 スロット イベント 神奈川

「さあ、風呂が湧きましたから、中に戻りましょうか」 呆気にとられて口を大きく開いたままの皆に声を掛ける

 呆然としていたリカルド様が、ハッと我に返り、俺の方を向くので、中が適温か確認しに行きましょうと促すと、気持ちが流行るのか、大股でついてくる

「焼いておったのはただの石か?」「ええ

ここでは湯船を作りましたけど、河原等ならば、川の一部を囲ってそこに焼き石を投入すれば良いですし、土嚢で枠を作り、天幕用の布を貼ってから、中に水を溜めて風呂を作っても良い

 その場合でも、麻袋五十枚もあれば程々の大きさの風呂が出来ます

あなたも好きかも:香港上場 パチンコ
片付ける時は、土嚢を抜き取れば壁が崩れますから、水も楽に捨てられますので、さして労力ではありません

 二十五人の部隊なら、麻袋一人二枚、荷物に増えるだけです」「荷物等を入れる袋として使っていても良いわけだな

あなたも好きかも:パチスロ ボブ サップ
明日で構わぬ

土嚢も見せてもらおう」「畏まりました

圧巻の土嚢壁をご覧に入れますよ」 遅れていた配下の二人が、我々の会話に慌てて駆けつけてきた

あなたも好きかも:パチンコ スロット どっちがいい
 将としては優秀な方とのことだから、特に違和感は無いのだろう

だが、急に俺と普通に会話を交わしだしたことには慌てている様子だ

 湯屋に戻り、湯船に直行すると、見事に風呂が出来上がり、もうもうと湯気が立ち上っている

「確かに、風呂に見える……」「後は身体で確認して下さい

じゃあ、脱衣所に戻ります

あ、私も人質がてらご一緒します

従者の方は如何なさいますか?」 俺たちが湯を沸かすのを見学している間に、ハインが荷物を脱衣所に持ち込んでくれていた

 主に手拭いである

一応、糠袋もあるが、これをリカルド様が使うかどうかは判断出来ないな……