dq6 アプリ カジノ

dq6 アプリ カジノ

ついてきてください

眠たいからってつまずいて転んだりしないでくださいよーっと」 エスクは、振り向き様、足元にあった小枝に足を引っ掛け、腰が浮いた

が、なんとか踏みとどまり、転倒することだけは回避して、彼は天を仰いだ

「ふいー……危ねえ危ねえ」「いったそばから」 セツナが呆れると、ラグナがセツナの胸元で嘆息した

「やはり、あやつは駄目じゃな」「黙れこのドラゴン野郎!」「うるさいわい! 駄目駄目男子(おのこ)!」「駄目駄目駄目ドラゴン!」「駄目駄目駄目駄目男子!」 なぜか大声で言い合いを始めたひとりと一匹を交互に見比べて、それから周囲を見回す

あなたも好きかも:ブラックラグーン3 パチンコ ハマり
レミル、ドーリン、傭兵たちは皆、呆気にとられたような顔をしていた

あなたも好きかも:ふるーつぱんち パチンコ
エスクの性格をよく知っているはずの傭兵たちですらあきれているのだ

セツナが彼らと同じような表情をしているのも、当然だったのかもしれない

それでも、ひとりと一匹の口論――ともいえないようなものだが――は続く

「駄目駄目駄目駄目ドラゴン!」「駄目駄目駄目駄目駄目男子!」 いい加減耳が痛くなってきたこともあって、セツナは自分の服の中に手を突っ込んで小ドラゴンの首根っこを掴んだ

あなたも好きかも:五社 パチンコ
驚くラグナを尻目に引っ張りだし、眼前に持ってくる

ラグナのきょとんとした顔とエスクの顔を交互に睨みつけ、告げる

「うるせえ」「す、まぬ……」「すみません……」 ラグナとエスクが恐縮のあまり身を縮めるのを見て、セツナは少しばかり罪悪感を覚えた

そうなると、セツナはわざとらしい笑顔を作るしかない

「わかればよろしい」 セツナは、笑顔を浮かべると、掴んでいたラグナを優しく撫で、それから頭の上に置いた

ラグナはなにが起こったのかわからないような顔をしていたが、定位置に置かれると、安堵したのか、ゆっくりと息を吐いていた

エスクもきょとんとしている

 背後から肩をぽんぽんと叩かれた、だれかと思い見てみると、たっぷりとした赤い髭が視界に入ってきた

ドーリンだ