青梅市 スロット 専門

青梅市 スロット 専門

あなたも好きかも:パチンコ 劇場霊 プレミア
「そういえば――」「はい?」「いや、何も」 言うのが憚られて口を噤む

 黙り込んだガディウスを彼女は訝った

「何ですか」「べ、別に何も」「本当に?」 心の奥を見透かすような赤い眼差し

 ガディウスは逃げるように体を引く

「そ、そういえばさ聞きたいことあったんだ」「む、何ですか」「セインは苦しくないのか」「ん?」「だって九百年も剣爵に仕えてきたんだろ」「いつの間にかそうですね」「そりゃ、剣聖姫は恩人かもしれないけど…………その人の血統とはいえさ、いつまでも仕えるほどの気概になる?」「あはは、そういうことか」「…………」「そうですね」 セインは裏庭から見える景色を眺めた

 その横顔にガディウスは見入る

 常に凛とした表情で、ときに悪戯の好きな女性のような一面も見せる彼女だったが、今そこにある郷愁のような色を見せる表情はガディウスも見たことがなかった

 しばしの沈黙の後

 セインが改めてガディウスへ振り返る

あなたも好きかも:マルハン 遠隔操作
「たしかに、長いですね」「うん」「辞めようかと考えたときもあります

あなたも好きかも:ネコと庄造と ブラックジャック
だって、この体は老いることが無いから、先立つ友人を見送ることしかできない」「辛い、よな」「それは、もう

…………でも」「でも?」「剣聖の最期を看取ったときに私は決心したんです

――この人が遺した物を見届けたい、支えたいって」 セインが柔らかく微笑む