パチスロ ゴッドイーター2 有利区間

パチスロ ゴッドイーター2 有利区間

「フェルディナンド様のフェシュピールは相変わらず素晴らしいですね

ディッターの腕も衰えてはいないのですか?」「……衰えている

去年、ハイスヒッツェには辛勝だった

あの頃は余裕で勝てたからな」「ハイスヒッツェとまだ勝負していたのですか!? あちらはダンケルフェルガーの現役の騎士なのですから、腕は落ちていないということではありませんか」 驚きの声を上げるアーレンスバッハの騎士達を見回して、フェルディナンド様が不敵な笑みを浮かべる

 フェルディナンド様と同年代の貴族達が変わらぬフェシュピールの腕を褒め、当時のディッターに関する優秀さについて思い出話を始めれば、エーレンフェストという下位領地の神殿に入っていた母もない領主候補生とフェルディナンド様を見下していた者が見る目を変え始めた

あなたも好きかも:リゼロ スロット 撃破率アップ
「わたくしの婚約者ですものね」 ディートリンデ様がホホホと笑いながらフェルディナンド様の隣に立つ

 ……あぁ、フェルディナンド様の笑顔が深まった

 苦手な相手を前にした時の笑顔を見て、私は即座に胃薬の確認をした

アーレンスバッハでの生活が始まりました

フェルディナンドは結局フェシュピールを弾くことになりました

あなたも好きかも:ガンバレルーヤ パチンコ
ユストクスは周囲全部が新しい情報でちょっと嬉しいです

あなたも好きかも:スロット データカウンター 最新
次は、ヒルデブラント視点で第五部プロローグです

ヒルデブラントが緊張しつつも領主会議でお披露目を終えたのは春のことだった

各地のアウブ夫妻とその側近達がずらりと並ぶ貴族院の講堂で洗礼式を終えた王族のお披露目は行われる

父と母に挟まれて壇上に上がって皆の前に立ち、覚えさせられた長い挨拶を行った後、神々に音楽の奉納を行うのだ

「ヒルデブラント、音楽の奉納を」「はい、父上」 フェシュピールの演奏が上手くできたことに彼はそっと息を吐き、少しだけ緊張を解く

貴族の子ならば誰もが行うことだとは聞いていたけれど、値踏みするような大勢の目の前で演奏するのは予想外に緊張するものだった