パチスロ モンキーターン3

パチスロ モンキーターン3

いまの軌道を参考にして、もう一回」「――『投石』」 ヒュッ! 飛んでいった石は、まっすぐ過ぎて木の幹の上に直撃した

木にいた小鳥が慌てて飛んでいった

「もう一回

あなたも好きかも:アカギ スロット 設定
威力はいらない

正確に当てる方が偉い」「――『投石』」 ビュッ!「――『投石』」 ビュォッ! ガン! ついに狙ったところに当たった

『投石』はLV2になった

 木には小石が突き刺さっている

ちょっとシュールな光景だ

「よし、そこでやめよう

みんな集まって?」 と、レックスが何か言いたげに上目遣いをしてきた

あなたも好きかも:オメガ パチンコ イベント
ちなみに背丈は私と変わらない

「姉さん、ボクは……何も覚えてないんですけど……」「いいんだよ、レックスは

事務能力があればいいの

戦うの苦手でしょ?」 そう、レックスは『計算』など、事務方向が伸びる可能性がある

ちょっと数学教えたら一角の人物になるんじゃないかなぁ

「ぼ、ボクは守りたい人が……」 いや、サリーの方が圧倒的に強いから

「気持ちはわかる

って言ってるよ?」 サリーを見ると、ニッコリ頷いていた