南森町 パチンコ

南森町 パチンコ

「……厄介な人たちですね、本当に」 掠れた呟きが呆れている

――しかし、どこか安堵の気配もする

 反町は苦笑し、組んでいた腕を解いて肩をすくめた

あなたも好きかも:r6 スロットルホルダー
「お互い様だと思うけどね? それに、そういう所が、放っておけない理由だと思うし」 見抜いたセリフに「……ふふ」と微かな笑いを溢した弥生は吐息と共に肩の力を抜いて顔を上げた

「……試す価値はあるでしょうが……、それで彼の記憶が戻るかどうかは、正直、怪しいと思います」 声色は前向きだが、遠くを見つめる真顔さに反町は顔をしかめた

あなたも好きかも:茨城 赤塚 パチンコ
「どうして?」「……彼自身が、思い出すことを拒んでいるようです」 ――いつものように何かを感じているのだろう

 目を細めて深刻さを露わにされ、反町は更に顔をしかめた

「何それ? ……オレたちのことを思い出したくない、って思ってるってこと?」「……あなたたちのことではなくて……たぶん私のことでしょう」 鼻から静かにため息を吐かれたが、言っている意味がわからない

あなたも好きかも:スロット 出玉操作
 反町は戸惑い、「……え?」と声を漏らした

「でも……立花は武田さんのこと好きだろうし、そういう人のことを思い出したくない、なんてことは……」「……普通の人なら、早く思い出したいって思うでしょうね

……でも、彼、ひねくれていますから」「それは認める

でも、それとこれとは話が違う」 怪訝に首を振り、不可解げに眉を寄せて腰に手を置いた

「武田さんのことを思い出したくない、って……、まるで、武田さんに対して疚しいことがあるみたいだ

顔を合わせられない、とか

逃げてるような」 自分で思い付くことを考え、声に出した後で首を傾げる

「何か、思い当たる節でもあるの?」 ――だから、彼女は彼に何も告げないのでは? ようやく道が繋がった気がして真顔で問うと、弥生は彼を振り返ることなくため息を吐いて肩の力を抜いた