ブラックジャック 読み放題

ブラックジャック 読み放題

しかし誰も名乗り出なかったため、カートリンク自身が引き受けて育てることとなった

 その後五十五歳(十七年前)のときに王城内を巡視していたところ、赤毛の少年に財布をスられそうになった

しかしカートリンクはその場で子どもを捕まえて官憲へ引き渡したが、両親はすでに亡く、彼を育てるべき人物が誰もいないことを知った

あなたも好きかも:カジノ ドライブ バンド
そこでカートリンクは赤毛の少年ミゲルも自ら育てることを決意した

あなたも好きかも:パチスロ エウレカセブン 初代
 そこでいったん軍務長官職を辞し、口のきけないガリウスとの共同生活において、ミゲルに「生きる」ことの意義を説き、彼を教化することに心を砕いた

ミゲルはカートリンクの言うことをよく聞き、また口のきけないガリウスへ積極的に話しかけてくれたおかげで一年後にガリウスは十二歳のときに声を取り戻した

その後二人に剣や槍の扱い方から馬の乗り方、一般教養を教え込む

そして三年後(五十八歳)、十五歳となったガリウスが士官学校へ進んだ

後れること四年(六十二歳)、ミゲルも十五歳となり士官学校へと進む

 その後軍功を立てて軍務長官職に返り咲き、帝国と東方異民族との戦いに奮闘する

あなたも好きかも:オンラインゲーム ヴァルキリー
しかし帝国との戦いで二年間に敗戦と戦闘回避を行なったため六十四歳にして軍務長官職を解任された

後を託された軍務長官は帝国に大勝し、カートリンクは閑職へと追いやられた