東京 蔵前 パチンコ

東京 蔵前 パチンコ

『判りました、承ります

思えば、何やかんやで賢者殿が参入してから、私は久しぶりにこの絵本に触れますね』『はは、すまんな私も何やかんやで、研究対象には独占欲が強くなってしまうから、独り占めしてしまう』少しだけ懐かしそうにもアングレカムが古い絵本の表紙を撫でながら言った時、ピーンは文鎮の中に仕込まれていた"バルサムのお呪(まじな)い"の紙を取り出した

丁寧に折り畳まれてしまわれているが、紙の端を見たなら小さく切り目が入っていたり、軽く捲れていたりもする

小さなカサカサとした音と共に、少女の"お呪い"が書かれた手紙を賢者はゆっくりと開いた

(きっと、アングレカムはこの手紙に気がついた時から、何かある度に眺めていたんだろうな)そしてそれは、きっと今みたいに"迷ったり"、自分に自信がなくなった時

自分の中で埋もりそうな雑念や、夢を叶える為に泥にまみれる心を、実際に穴を掘ることで掘り出して、その空いた空洞の闇の中に、眩しいくらい輝いている少女の気持ちを胸の中で満たす

【アングレカム様が、バルサムが成人した時に、金色の指輪を持って迎えにきてくれますように】とても丁寧な筆跡で書かれているが、そこに幼さと直向きな想いが滲み出ていた

あなたも好きかも:佐賀 スロット
手紙に込められてた、大好きな人に対する慕情が、どんな読み手にも伝わる力をその手紙は持っていた

そして、どんなに泣いてる赤ん坊でも泣き止ませるような、従弟に贈られたバースデイカードと同じように、暗く塞ぎ込みそうな気持ちを優しく灌いでくれるような力も、感じさせてくれる

手紙の入っていた―――潜ませていた、子犬の形をした翡翠の石自体にも"お守り"として高い効果があるほか、祈願成就、徳を高めたい時に持っていると良いと言われている

あなたも好きかも:苫小牧 パチンコ 深夜 営業
事故や、災いから身を守る石としても有名である

そんな記憶を頭から引っ張り出しても、手紙が伝えてくるのは、バルサムのアングレカム対する様々な想いだった