パチンコ店 初

パチンコ店 初

ここに座って読め、というようにわたしから近い椅子の前で本を抱えて待機している

あなたも好きかも:ブラックジャック タダ読み
「いやっふぅ! 体くらい、いくらでもお貸しします! 英知の女神 メスティオノーラに祈りを!」 わたしはビシッと祈りを捧げると、金色シュミルのところへ駆け寄った

 一人掛けのソファのような椅子は、まふっとした座り心地でマットレスを入れたわたしの椅子より更に座り心地が良い

あなたも好きかも:パチスロ 十字架 打ち方
布の手触りは柔らかく、ほんのりと温かみを感じる

 わたしが座ったのを確認して金色シュミルが本を手渡してくれる

もしかしたらユルゲンシュミットでは図書館でシュミルが働くと決まっているのだろうか

 そんなことを思いながら、わたしは本を開く

かなり古い時代の言葉で書かれた本で、神様に関する話が載っているようだ

 ……聖典やダンケルフェルガーから借りた本にも似たような話があったなぁ

 わたしは楽しくなりながら文字を追っていく

最初の話は、海の女神 フェアフューレメーアの物語だった

あなたも好きかも:とある パチンコ エンゼルフォール
 二人の男神から求婚を受けたけれど、フェアフューレメーアはどちらの求婚にも応じなかった

けれど、どちらも火の神の眷属だったせいだろうか、熱くなりすぎて引いてくれない

 周囲の神々も巻き込んで大騒ぎになった結果、フェアフューレメーアが失恋した時には二人の内の勝者と結婚することになってしまった

まずは勝者を決めておかなければならない、と二人の男神は様々な神々を巻き込んで戦いを始めた

 失恋をしたら、という条件を付けたので好きな相手ができるまで放置しておけば良いとのんびり構えていたフェアフューレメーアは、他の女神達から予想外に大きな戦いになったことを知らされる

 戦いの場に急いで駆けつけたフェアフューレメーアは、神としての力を振るい、皆の熱を鎮めた

それ以来、火の眷属が争い始めたらフェアフューレメーアが呼ばれるようになった、というお話だった