パチスロ ミルキィホームズ

パチスロ ミルキィホームズ

けどいいのだ

私の言葉を合図にして、皆が思い思いに料理に群がった

あなたも好きかも:リングにかけろ スロット アプリ
 今日のパーティーは、私、ドロシー、エドワード、フローレンス、ジゼル、カレン、シェミー、アーサお婆ちゃん、トーマスとベッキーさんとウェル……と身内オンリーで、この後メンバーを増減させて、何度かパーティーをやって、その度におめでとうとありがとうを繰り返すんだろうね

 確か、副所長就任の時も同じようにやったとか聞いてたし

機会を探し出しても騒ぐネタが欲しいのが港町の心意気というものか

あなたも好きかも:リベレーションズ スロット ボーナス察知
ガブリンの人たちもノリがよかったものねぇ

「そっ、それでっ、だ! どっ、ドロシーと! 結婚します!」「おお……」 エドワードの男らしい台詞に、部屋の中は感嘆と歓迎で祝賀ムードに包まれていた

中でもトーマスは、養女であるドロシーに婿が……ということは息子がまた増えるわけで、その人物が実質の冒険者ギルド支部長なわけで……

それがトーマス商店の繁栄に直接は寄与しないことは理解した上で、それでも盤石になるのは間違いない、と嫌らしい笑みを浮かべていた

あなたも好きかも:パチスロ 枚数 記録
何かと理由をつけて単純に喜ばないのは実にトーマスらしい

 そんな、ほんわかした空気の中、冷や水を掛ける言葉が刺さった

「もう夫婦みたいなものなのに、今更何言ってんの……」 冷たくツッコミを入れたのはフローレンスだった

おやっ? とドロシーも目を剥いた

エドワードは慌てっぷりを変えずにツッコミに誠実に対応する

「それはそれで! 男のケジメというものだから! ドロシー! おっ、俺と添い遂げてっ、くれないか!」 ドロシーはフローレンスの様子を気にせずに、苦笑をエドワードに返す

「それはもう、何度も聞いてるわ

はい、お受けします」「くぅ~

何度聞いても嬉しいんだよ!」 エドワードはワインを大量摂取していることもあってテンションが高い

主賓だから高くてもいいんだけど、フローレンスの陰鬱な表情が際立つような明るさだった